blog

アメリのスタイリスト、石原ケンタです。

髪のケアしてますか?

もっと髪の話がしたい!
アメリの理系スタイリスト、石原ケンタです。息子です☆

ブログ画像
美容室に訪れる多くの人が髪に何らかの悩みを抱えていて、
艶やか美髪や扱いやすい髪質になりたいと思ってくれています。

私達は髪のプロフェッショナルです。
10年近く美容師をして、1万回以上髪を洗い、ずっと髪に向き合ってきました。
もっともっと皆さんに知って頂きたい髪の毛の話。

これから、メニューや項目毎にわけて少しずつご紹介させていただきます☆
色々なものから選べる自分になって頂けたら嬉しいです。

ブログ画像

まずは、ヘアケアの基本であるシャンプー!シャンプーの目的は『汚れを落とすこと』

沢山のメーカーから様々な商品が出てきております。
最近では【ノンシリコン】やら【オイル】やら【オーガニック】やら、【ボタニカル】やら、
色んな種類が出てきていて何を使ったらいいのかわからない!
よくわからないからCMやイメージで使ってます。
そんな方々がほとんどです。

本当に大事なのはそこじゃないんです!

『シャンプーの選び方は、界面活性剤の種類で決めること』

世の中にある90%のシャンプーは
大きく分けると三種類の界面活性剤で作られています。
裏面の成分表を参考にしていただいて、

◎硫酸系のシャンプー
硫酸や、スルホン酸など
◎石けん系のシャンプー
ベタイン、アラニンなど
◎アミノ酸系のシャンプー
ラウロイルやココイルなど

簡単に説明すると、
硫酸系は安価なものが多いですが、汚れを落としすぎで、
頭皮にも髪にも大きな負担になってしまいます。

石けん系はアルカリ性のため
肌に優しいけれど、髪には負担がかかってしまいます。

アミノ酸系は髪本来の成分で洗い、
髪への負担を最小限に抑え、アミノ酸を補ってくれます。

ブログ画像
髪質トラブル(広がる、からまる、ダメージ)や
頭質の違い(オイリー肌、乾燥肌、湿疹)
はあれども、必要なのは、

『頭皮の汚れは落とすが、お肌のバリアー成分は奪わない、髪に負担をかけずに潤いを残すこと』

前置きがかなり長くなってしまいましたが、
シャンプーのきほんは

【アミノ酸系シャンプー(スルホン酸の配合していないもの)の中から選んで使うこと。】

簡単なことですが、きほんの『き』
ぜひ、ここから初めてみてください!

アメリシュシュ 柏 スタイリスト 石原ケンタ

記事をシェアするTweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Topに戻る